ポンコツらーめん

大学生の暮らし。オンラインはメリットばかりだった

お題「#この1年の変化」

f:id:rarethindayo:20210223113407j:image


大学生にとって、この1年間は生活が大きく変化しました。

授業、就活、バイト、、、

大学の存在意義など、テレビでも多く取り上げられていました。1年生に関しては、対面授業をやらないと可哀想など、、

大学に対するネガティブな話題ばかりでしたが、わたしはオンラインを利用するつもりで、積極的にどれも取り組んでいました。

この現実を変えることはできないから、だったら楽しんでやろうと思ったからです(笑)

【授業編】

他学の授業に出て、興味分野を増やす

オンラインだからこそ、他学の授業に気軽に参加することができました。

なんとなく対面だと、「あの人だれ?」ってなるのがいやで、、笑

レポート提出なので、難しいことを暗記しなくても済みます。

自分で受けたい授業をとるので、「単位をとるために...!」という授業よりは遥かに充実していました。

暗記テストが減ったことで、文章を書くことが楽しくなる

これ、個人的にはめちゃくちゃ良かったです。

ほとんどのテストがレポート提出でした。たしかに、時間は取られますが、暗記テストよりも自分で考える力がつくし、調べる力もつきました。

正直、暗記テストは採点側が楽なだけで、こちらにはなんのメリットもありません(すぐ忘れる)。

文章を書く中で、どうしたら相手に伝わるだろうかとパソコンに向かって書く時間は、意外と楽しかったです(笑)

授業を好きなときに、好きな場所で受けられる

大学3年生なので、就活の時期でした(後に記載します)。

オンライン授業ではなかったら、就活はできませんでした。面接や説明会は、ほとんどが平日開催だったからです。

また、お昼後の眠い時間に授業を受けなくていいこともオンライン授業のメリットでした。あの時間って過酷ですよね。

朝が苦手なのもあったので、午前の授業は午後に受けるなど、自分の生活リズムに合わせて受けることもできました。

【就活編】

交通費が浮く

地方の大学に通っていたので、オンラインで就活できることは大きなメリットでした。

東京まで1時間半、往復4,000円。日帰りで行けない距離でもないので、もし対面だったら相当な出費でした。

交通費のことを考えると、気軽に説明会参加できません。逆に、オンラインは気軽すぎて、就活生のドタキャン率は高そうですが、、

オンライン面接で自分を客観視

面接は9割型オンラインで行いました。

Zoomがほとんどでしたが、自分の顔もみれますよね。

わたしは、面接中も自分の表情や素振りを確認し、自分がどうみられているか、自分で話しながら相手になたつもりで話を聞いていました。

すると、伝わりやすさや印象の良さがわかるようになるんです。

f:id:rarethindayo:20210223095647p:plain

【バイト編】

長期インターンに参加

去年の3月〜12月まで、長期インターンに参加していました。現在も、別の企業でインターンをしています。

完全オンラインなので、家にいるだけで働けるし、お金も入るし、学びが多いし、、

メリットしかありませんでした。

今までだと、都内に行かなければならず、わたしが以前行っていたインターン先は交通費が出ないので、お給料は交通費で飛んでいきました(笑)

働き方を考えるようになる

環境が変わるだけで、お金が稼げなくなる。

バイトだけだと生きていけないことを気づかされました。

自分のスキルをもって、他に頼らず稼げる人間にならないと、この先何かあったときに生きていけないなと感じました。

これは、就活をしていたからかもしれませんが、「会社の名前に頼らない、個で生きていける人間になる」という目標ができたのも、今のような環境になったおかげかもしれません。

【生活編】

インプットが増える

読書量がかなり増えました。2021年では、2月の時点で20冊読みました。

映画も見るようになって、NetflixAmazonプライムでこれでもかってくらい見続けています。漫画もたくさん読みました。

自分の価値観が広がっていくのを感じます。今の自分は当たり前じゃないんだとか、こんな世界もあるんだとか。。

パソコンの使い方に慣れる

大分パソコンに慣れました。

今では、ノールックでタイピングできます(笑)

パソコンの中の整理整頓もするようになり、どうしたら使いやすいか日々考えています。

社会で使うとされる、Excelパワポも使う機会が増えました。インターンで痛感していますが、社会ではPCスキルは英語スキルよりも必須です。

ミニマリストになる

部屋の物が格段に減りました(笑)

家にずっといるからか、住みやすい環境を求めるようになったんですね。

本や服を処分して(メルカリ)、自分に必要な物だけ残しました。

部屋が綺麗だと、心に余裕ができるし、何かを探す時間も省けます。

大学に入って一人暮らしになり、好き勝手に物を買ってしまい、無駄遣いが多かったことも痛感しました(笑)f:id:rarethindayo:20210223103934p:plain

自分を見つめ直す時間が増える

場所や時間に左右されない、今のような生き方に心地良さがあります。

きっとわたしは、将来自由に過ごしたいんだなあと。

企業でバリバリ働くことに憧れていましたが、もっとゆったり静かに暮らすのもありです。まあ、どちらも経験したいです(笑)

 

***

 

人って環境が変わると、「どうにかしなきゃ」と対応します。今の環境になって、どうにかしなきゃと思って動くようになりました。それは今だけでなく、将来に向けても同じです。

自ら動かないと、なにも得ることができない環境。一方で、他人に左右されず自分の価値観で動ける環境。

「我が道を行く」を試されているなと日々感じています。

そして、それを楽しんでいる自分もいます:)