ポンコツらーめん

【これだけは入れておきたい!就活サービス】オンライン就活を終えた22卒のわたしが厳選

f:id:rarethindayo:20210223121252j:plain

就活と聞けば、自己分析をして、エントリーシートを書いて、面接をして、グループディスカッションをして、インターンに出て、、、就活や働くことに対するイメージダウンに繋がります。

学生からしたらやる気なんて起こりません。


3年生になったらやらなければいけない「義務感」にかれらるのは、このシステムが原因と言っても過言ではありません。

だから学生は、就活のための就活をしだすわけです。

しかし、そんなイメージを変えてくれるようなサービスが世の中にはたくさんあります。

私も今年まで就活をしていましたが、これらサービスに救われました。

 

前置きが長くなりましたが、わたしのように義務感をもって就活をやりたくない人や、就活なにからしたらいいかわからない人の参考になれば幸いです。

おすすめするサービスを4つ紹介します。

成長している企業にいきたい人向け

Goodfind

www.goodfind.jp

プロフィールに自己PRを2つ(400字程度)書いてしまえば、それ以降はエントリーシートを書かなくても企業にエントリーすることができます。

ES一括エントリーという制度もあり、プロフィールとは別でテーマにそって書くだけで10社ほどに一気にエントリーすることもできます。

なによりもいいのは、企業が激選されているので数ある情報からどの企業に申し込めばいいかわからない現象が起こりません。

また、講義も多く開催されているので、活躍している社会人の方のお話を聞くことができ、自分の将来のイメージに繋がりやすいです。

長期インターンの募集の掲載もあるので、まずは働くイメージをつけてみたい人にもおすすめです。

自分と合う企業に行きたい人向け

iroots

iroots.jp

エン転職で有名なエン・ジャパンが手がけているサービス。プロフィールに書く文字数が多いのが難点ですが、それだけ質の高いスカウトをうけることができます。

また、適性診断もあるので自分を客観視することにも繋がります。

エン・ジャパンが学生のためを思った企業しか掲載しない点が特徴です。

その分、企業数も少ないようですが、企業の質が高いのは間違いありません。「就職後の活躍」を目指しているため、学生と企業のマッチ率をかなり重視しています。

企業とのマッチ率を数値で確認することもできます。

すぐに働きたい人向け

Wantedly

www.wantedly.com

プロフィール(自由記述)を埋めてしまえば、あとは募集ページから応募するだけです。
 
スカウトもありますが、応募するのがメインになると思います。
 
企業のページもあるため、雰囲気を掴みやすく、Watedlyのページに力を入れている企業も多いようです。「とりあえず会う」ボタンを押せば、企業の方と気軽に会うことができます。その場で採用されることも少なくありません。
 
長期インターンをしたいなど、すぐに働きたい人に向いています。実際にわたしは、一度面接をして長期インターンがその場で決まりました。

就活の見方がほしい人向け

ワンキャリア 

www.onecareer.jp

上記の3つに比べて少し就活感が漂うかもしれません。
それでもご紹介した理由は、社員の方の「利他的」な姿勢がすごいからです。
 
実際にインターンシップに参加しましたが、会社の説明はほとんどなく(というかゼロ笑)、自分のキャリアを見つけるための内容や講義ばかりでした。
そんな人たちが集結して作り出された就活サイト。
 
マイページを埋めるだけで、ワンクリックすれば応募できます。わたしはこのサイトで20社エントリーし、実際にそのうちの1社で内定が決まりました。
 
また、インターンや面接の口コミをみることができます。読むだけでどんな企業か、同じ学生が書いた内容をもとにイメージもしやすいです。
 
***
 
今まで思い描いていた就職活動の流れはほぼ無視できます。
 
就活はたしかに、人生を決める重要な行事ごとであるように思いますが、もっと”楽”をしていい気がします。
 
ぜひ参考にしてみてください!!