ポンコツらーめん

他人の目を気にするは『吉』

f:id:rarethindayo:20210223121851j:plain



わたし自身、小さい頃から他人の目を気にしながら生きてきたように思います…
 
一番の目は母でしょうか。
 
「子は親の表情から感情を読み取る」というように、母の表情から今なにを思っているかを考えるのが得意でした。
 
料理をしているとき、掃除機をかけているとき、母の友達同士で話しているとき。
 
少なくともいい気分なのか悪い気分なのか、母だけでなくその日会う全ての人に対して勝手にグループ分けをする習慣がついているのかもしれません。
 

この能力は団体スポーツで役に立っていました。毎日チームメイトの調子の良し悪しがわかってしまうからです(もちろん知らない方がいい感情もあるけど…)。
 
しかし、学校の先生や本ではよくこんなことを言っていますよね。
 
「他人の目を気にするな」
 
確かに他人の目を気にしていてはいいことはないかもしれません。
 
あの人はこう思っているだろうからと考え、ただ自分の中でグルグルと思考が周り辛くなることが多いです。
 
周りの目を気にしない人、自分らしさを貫く人を「強い」と感じ、憧れを抱くことだってあります。
 
 
わたしがいつの間にか尊敬している人はいつも、「我が道を貫く人」でした。
 
誰が何を言おうと自分の信念を貫き通し、他人とは違うことをする人たちです。
就職でいったら、「就活は一切しないでフリーランス」「地方にわざわざ移住して地域おこし協力隊」「外資をやめて海外へ進学」といったところでしょうか。
 
決して他の人と違うから尊敬しているのではなく、その道を選ぶときの「ブレない覚悟」があるからです。
 
 
では、ここで言う「強い」人たちは本当に他人の目を気にしていないのでしょうか。
 
常に周りのことを考え、自分に必要なことを見出し、自分の場所を創りだしているからこそ、「覚悟」を持ち、「強く」見えているのではないでしょうか。
悩んでいないようにも見えますよね。
 
そして、「強い人」たちは口を揃えて「なんとでもなる」と言います(笑)
それは「周りがどうにかしてくれる」のではなく、「自分で考えた道だから自分でどうにかする」意味が含まれているように感じています。
 
だから周りから何を言われようともブレずにいるから「他人の目を気にしない」ように見えるのかもしれませんね。
 
 
わたしでさえもよく「強い」と言われます。もちろんそんなことを思ったことは一度もありません。
 
ただ、どんな出来事もポジティブに捉えるようにしています。「今やっていることが無駄だったら」なんてことは絶対に考えません。
「無駄」とわかることも、その時間を過ごさないとわからないことだからです。
 
他人の目だって気にしまくりだし、ときには自分と比較して落ち込むことだってあります。でも、妬むより羨ましい感情になるため、自分の原動力になることが多いです。
 
 
少し話が逸れますが、緊張の原因は他人の目を気にすることが原因にあるらしいです。しかし、他人の目を気にすること自体が原因なのではなく、他人から「おかしい」「変な目でみられていないか」と考えることが原因ではないでしょうか。
 
たとえば、「かっこよくみられている」と考えれば、緊張は自信に繋がり堂々とすることができますよね。
 
これを「自意識過剰」と捉えることもできますが、決定的な違いは自分の思いを自分から言わない、表現しないことであるように思います。
 
「自分はすごい」と自分から発信しないことです。
 
当たり前のことかもしれないけど、いわゆる「自慢」を自分からしている人は多くいるように思います。
俗にいう「マウントをとる」に近い意味かもしれません(SNS上でもよく見かけます…)。
 
noteやブログ、Twitterが当てはまりますが、やるメリットの中に「他人の目を気にしなくなる」と言っている人がいます。
これは逆で、やればやるほど「他人の目を気にするようになる」と思います。これを受け取る側はどう捉えるのかと、「いいね」や「pv数」で知ることで自分の場所を探しています。
 
 
他人がなんて捉えているかを気にしていては発信はできないと言いますが、果たしてそうでしょうか。
 
常に他人のことを考えているからこそ発信できるのではないでしょうか。そうでないなら、自分で日記をしていればいいのでは…?

ここで言いたいことは、「他人の目を気にするのは悪いことではない」です。
わたしも今書きながら、大学の同期に読まれたら…会社の人に読まれたら…家族に読まれたら…と考えています(笑)
 
 
でも、考えながら書いているからこそ、その人を思って伝わるかどうかを考え、ポジティブなことを発信しようと思えます。
より自分のことを知ってもらおうとも思えます。
相手のことを考える、他己分析はつかれることが多いけれど、だからこそ信頼関係をきずけます。
 
相手の考えていることを先に準備しておくので、戦略的に会話をしているとも言えるかもしれませんね。
 
「強く」なるには「他人の目を気にする」ことから始めた方がいいのかもしれません…‼︎