ポンコツらーめん

【休むのが苦手な人に】何かをしていないと落ち着かない人は、ランニングで休む

f:id:rarethindayo:20210223113152j:image
ランニングって「健康」のためにやるイメージがありますよね。

ダイエットを目的に行う人は多いと思います。

わたしも、1日30分ランニングをしていますが、身体の健康ではなく「心」の健康のためにやっています。

ランニングって何もしていない時間なんですね。

走っているから、何もしなくていい時間なんです。

家にいると、ついついパソコンを開いてしまったり、本を読んだり、何かをしていないと落ち着かない人いませんか。

わたしは落ち着かないです。何かをしている時間の方が心地いいんですね(ドM)。

だから、休み方を知らないんです。昼寝なしでも1日を過ごせるし、ずっとパソコンと向き合っていても苦ではありません。こうして、文字を書いているのも楽しくてずっと書いていられます。

しかし、これって自分を知らないうちに苦しめているんですよね。休みを知らないって相当やばいと思います。義務感に追われているとも言えるからです。頭のどこかで、やることが残り続けているんです。

ランニングをすることで、何もしなくていい時間を作り出せます。パソコンも見れないし、本も読めない。邪魔をするものがないんです。

不思議なことに、走りながらだとふとアイデアが思い浮かんだり、悩んでいたことの解決方法がわかったり、走った後は気持ちよくなります。

もちろん、体は疲れるのでその日の夜はぐっすり寝れます。自然と眠くなります。自然と朝方になるし、お腹もすくのでいいことづくしです。

無理して走る必要はありません。ペースも歩くくらいのスピードでいいです。朝早起きして走る必要もありません。

今日も30分だけ、ランニングをして、体も心も休ませます。